--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.09.07 (Sat)

和歌山御坊市美浜町 ~AIRの舞台を訪ねて~その3 《8/18》  

2013-0818_enjyu01.jpg
煙樹海岸を後にして。。。


再びタクシーに乗り込み、三尾の郵便局がある方面へと向いました。

ここにも場面に使われたところがあるのです。



それにしても煙樹海岸には天気もいいのに海水浴客が全くいなかったなぁ。
そう思ってました・・・

2013-0818_enjyu03.jpg
その事をタクシーの運転手さんに話しを聞いてみると、ここは水深が急に深くなってるから遊泳禁止区域になっているそうです。

太平洋の荒波で砂が抉られて、深くなってるとか。
ここで遊泳したら急に深くなって溺れるそうです。



御坊タクシーの運転手さんに何処から来られたんですか?
そしてアニメのAIRの舞台となっている話などを運転手さんとしていました。

運転手の方にはお子さんがおられて、子供さんも見ていて知っているそうでしたよ。


2013-0818_umineko01.jpg
海に浮かぶ島 地元の人はウミネコ島と呼ぶそうです。
ウミネコがたくさん集まるウミネコの楽園らしいです。



そんな話をしていると目的地へ着きました。

歩きじゃ到底来れなかったですね。(´▽`;)

場所的には御坊市美浜町大三尾といぅ場所でしょうか?



2013-0818_mio02.jpg
まさにこの場所に立てば描かれていたのと同じ風景。
ガードレールにコンクリート淵

ここまで似ているとは!\(^o^)/

AIR-tv-06_2013090715560614e.jpg
第5話で聖が住人に美凪の母の話をする場面。
『遠野さんの母上は心を・・・』




そしてそのすぐ傍に。

2013-0818_mio01.jpg
ここここ(´ω`)
みちるがゴミをあさってる場面のばしょ。
なんとなく雰囲気似てる気がするでしょ。

AIR-tv-07.jpg
みちるのゴミあさり





少し戻った場所にあった! 晴子さんと住人が歩いて帰ってる場面で使われてるところの場所です。
2013-0818_mio03.jpg
石垣から小道までそっくりです。

AIR-tv-05_20130907160859673.jpg
第5話で住人と晴子が歩いて帰る場面です。
『あの子・・・ 小さい頃からずうっとそうなんや。誰かと友達になれそうになったらそうなるねん。』




こうしてみて回っていると本当に不思議な感覚にとらえられます。
ほんとうに楽しい。


タクシーに乗って御坊市内に帰る途中。

最初に行けなかった場所、浜の瀬に行く事に。

タクシーの運転手さんに、写真の場所を見せるとすぐに車を走らせてくれました。


御坊タクシーの運転手さん本当にありがとうございます。


ここです ここ!
第2話で、さいかちゃんを送った帰り道に使われた場所。

2013-0818_hamanose01.jpg
アニメ当時の風景と全く変わりなかったのでよかった。
本当に建物からそっくり。
AIR-tv-08.jpg
『ナマケモノさんが友達になってくれたから平気だって、』
『そっか。』




そしてこの場所だけはどのブログにも場所を記されていないので、わかりませんでした。
この場所は諦めていたんだけども。
AIR-tv-09.jpg
この海抜5mの電柱。


御坊タクシーの運転手の方がこのすぐ先にあるよって教えてくれました。

タクシーのおじさんに教えていただけるなんて。
さすが地元のタクシーだけに色々な風景をよく知っておられます。

2013-0818_hamanose02.jpg

そしてやっと見つけることが出来ました\(^o^)/

うれしいわぁ~☆☆☆ (*´▽`)人(´▽`*)



こうして、思いがけない出会いにより美浜町の舞台を全て回ることが出来ました。


それからタクシーで御坊駅に向いました。


御坊タクシーの運転手さん本当に親切に案内していただきありがとうございました。
素晴らしい運転手さんです。


そして御坊で出会え共に回った青年達。
こうしてAIRといぅ作品を通して素晴らしい方々にお会いできた事が、ここ御坊に来て出会えた宝です。

またいつの日かお会いできてAIRの話しなどが出来ればいいなと思っています。


そしてAIR舞台めぐりも終わり帰路に着きました。
スポンサーサイト
EDIT |  15:09 |  日記  | TB(0)  | CM(5) | Top↑
★管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2013年09月08日(日) 08:27 |  【コメント編集】
おぉっ!すげー!!まさに聖地!!
それにしてもタクシーの運転手さんまぢネ申やな!!
是非この運転手さんにAIR聖地巡礼ツアーしてもらいたいね(^^)
それにしてもこれほど同じ場所があるとは、正直驚きです!
素晴らしい発見ありがとう♪
Hiro |  2013年09月13日(金) 01:03 | URL 【コメント編集】
★管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2013年09月14日(土) 14:14 |  【コメント編集】
★コメントありがとうございます。
>Hiroさん
ホントタクシーの運転手さん凄いです!
こんな運転手さんに出会えて本当によかったですよ。

近頃は色々な所が聖地聖地巡礼ブームでどこぞの町にアニメを盛り込んだりして町を盛り上げてますが。
AIRは本当にそうなる前からの作品で、元祖とはまた違うのかもしれないけれど、御坊はそんな特別な場所に思えてきます。
うまくは言い表せませんが。

AIRの聖地は全国各所にあるみたいですね。
何故か地元の近くにあるバス停が(AIRの最初に住人が降りたバス停)だといぅのです。
ネットで他の人のブログに書いてありました。
ほんとかどうかはしらないけれど。

観鈴ちゃんちは北海道にあるところの民家がモデルとか?
機会があれば行って見たいものです。

AIRは本当にいい作品でした。
あれだけ物語にのめり込んでしまった作品は無いですね。
ぽてと☆ (ヴィンセント) |  2013年10月26日(土) 16:51 | URL 【コメント編集】
★コメントありがとうございます。
聖地巡礼をしていると、本当にこのような場所をよく見つけたものだと思います。
最初に見つけた人はどうやって探しているのでしょうね。
不思議です。

近頃は聖地巡礼ブームで、地方の商工会や自治体も便乗している感はあります。
町を無理やり聖地に仕立て上げるみたいになったりしていて、それもどうなのかと。


作品に共感をもってそのばっしょに訪れたい。
その登場人物がそんな想いでその場所にいたのかを感じてみたい。
そうした人がいたからこそ聖地と呼ばれる場所が出来たんだと思います。

でも、作品のひとコマの場面を見つける人は本当にすごいです。
関係者からこっそり場所とか聞いたりしたのかな?
ぽてと☆ (ヴィンセント) |  2013年10月26日(土) 16:59 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

ぽてとの日記

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

チャット

カレンダー

たまちゃんカップ時計

ぽて・りんく

今後のお天気は?

携帯でもぽてブログ

訪問者すぅ

いま見ている方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。