--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.12.28 (Sun)

鷲羽山から仙酔島 《12/7~12/8》 

12月の日曜月曜と神戸からと~っても大切なお友達が岡山に来られました。(^-^)

岡山ってなかなか案内するところが無いのですが、定番と言えば定番な場所を案内しました。


2014-1207_washiyu.jpg
鷲羽山
この日は天候もよくてとても気持ちが良かったですよ。

ここからは瀬戸内海全てが見渡せるような感じがする場所です。
後ろを見れば児島市内も見渡せる。

遠くには四国の高松市街も見えます。


2014-1207_bikanchiku.jpg
倉敷美観地区
この場所も倉敷では有名な場所です。
全国的にも白壁の街としてよく知られています。

街中を歩いているだけでも楽しめます。



午前中は寄島では海と魚の祭典が行われていて、出かけて牡蠣フライや牡蠣うどんたこ飯と海鮮づくし!
たべ歩きしながら楽しみました。

殻つき牡蠣 3kg 1000円!! (! ̄□ ̄)
これは安い。

遠くからこの日の為に寄島に集まってくるのもわかる気がします。
通常の半値くらいですわ。


牡蠣は夜ご飯のおかずになりました(´▽`)
皆でたらふく牡蠣を食べましたよ。

三郎島の海岸もとっても綺麗になっているので、行って来ました。
桜貝見~つけぇた(^-^)





月曜日には福山は鞆の浦(仙酔島)へと連れて行ってあげました。

鞆の浦から仙酔島に渡るのは俺も初めてです。

すぐ近くだといぅ事は知っていたのですが、渡ったことがありませんでした。


2014-1208_sensui01.jpg
平成いろは丸
坂本龍馬が運用した、伊予大洲藩から借り受けた西洋式の蒸気船「いろは丸」。
それを現代版いろは丸として就航されています。

フェリーとは一風変わった舟ですね。

2014-1208_sensui02.jpg
見るからに可愛らしい舟です。(^-^)


2014-1208_sensui03.jpg 2014-1208_sensui05.jpg
仙酔島には色とりどりの岩肌が見られます。
大昔の地殻変動にて形成された珍しい地層のようです。

岩肌には地層の数々が見られます。

2014-1208_sensui06.jpg
日本でもここだけにしかみられないといぅ岩肌、五色岩。
見ているだけで自然の偉大さに感動させられさすね。


2014-1208_sensui04.jpg
仙酔島のいろいろな色の石。


2014-1208_sensui07.jpg  2014-1208_sensui08.jpg

福山から少し来ただけのところなのにこのような素晴らしい場所があることを知らなかったのはもったいないです。

自然の岩肌に感動されっぱなしです。



ここには温泉施設や宿泊施設もあって、泊まる事もできるみたいです。

"ここから"って場所の江戸風呂ってのには驚かされました。
入る順番なんかあって、釜蒸し風呂に入ったり(サウナ)、海に入る苦行みたいなのもあったり(笑)
江戸釜は3種類ありましたね。
薬草が入った釜蒸し風呂とか。
身体にはとっても良さそうな感じです。

月曜と会って人も少なかったので、贅沢気分を味わえました。

少し離れた場所には足湯も会ったりして。
そこのおじさんとっても温かいおじさんだったな。

"感謝の塩” 作ってるだけの事はあるなぁ。(´▽`)
塩作り体験もしてきました。
海の塩を継足し継足しで塩分を増して作る感謝の塩。
まさに大自然の海の恵み。
ミネラル分がたくさん詰まってます!


仙酔島また来たいなって思います。
とても楽しい仙酔島での休暇?(笑)でした。
友達を観光に連れてきたのだけれど、自分が一番楽しんでいたように思います。

とても大切な思い出の日となりました。
スポンサーサイト
EDIT |  01:45 |  日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

ぽてとの日記

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

チャット

カレンダー

たまちゃんカップ時計

ぽて・りんく

今後のお天気は?

携帯でもぽてブログ

訪問者すぅ

いま見ている方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。